2017-08-10

Laravel5 のAPIトークン認証

Laravel のルーターに routes/api.php という謎のルーティング設定がある。

ネーミング通り、APIで利用できるルーティングで、Ajax経由でアクセスする際に使うことが多いと思う。ただ、単純にこのルーティングにアクセスしても「認証エラー(401 Unauthorized)」ではじかれる。

実はデータベースのユーザー(usersテーブル)に api_token という項目があるのだが、それをパラメータとして送信しないと、認証エラーが発生する。Web APIでよくある api key みたいなヤツなんだろう。

とりあえず、 axiosライブラリを使った場合のテンプレート。


axios.defaults.headers.common['X-Requested-With'] = 'XMLHttpRequest'; token = document.head.querySelector('meta[name="csrf-token"]'); if (token) { axios.defaults.headers.common['X-CSRF-TOKEN'] = token.content; } else { console.error('CSRF token not found: https://laravel.com/docs/csrf#csrf-x-csrf-token'); } axios.get('{{url('api/user')}}', { params : { 'api_token': '[users.api_tokenの値]l' } }) .then(function(responce){ console.log(responce); }) .catch(function(error){ console.log(error); });

富の再分配

久しぶりにテレビ朝日のモーニングショーのそもそも総研を見た。
今回のタイトルは「そもそも人工知能があなたの仕事を奪うって本当?」。

そこで気になったキーワードが「富の再分配」。

「人工知能で得た益(富)を国民に分配することで、それは可能となる」
東京大学大学院 情報理工学系研究科 特任教授 中島秀之(なかしま・ひでゆき)氏

案の定、想定が甘い。きっと、富は再分配されない。AIに持っていかれる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。